2018年01月一覧

取引所自体のハッキングリスクに、対策を立てましょう

コインチェック社のNEMの管理状況として、 ①『コールドウォレット』ではなく、 『ホットウォレット』で管理していた。 ②NEM財団が推奨する、『マルチシグ』の実装は行われていない。 ※ホットウォレット 常時ネットワークに接続された環境にあるウォレット。 運用や業務効率が上がる反面、 サーバー上に秘密鍵を管理しているため、 ハックの被害に遭いやすいデメリットもあります。

リップルが過去最高値を更新しました

12月上旬に、20円台で推移していたリップルですが、一時、400円をつけるほどまでに高騰しました。2017年の年末は、仮想通貨業界では、リップルが話題の中心だったのではないかと思います。そんなリップルですが、ハッキングの被害が絶えないようです。ここ最近も、ハッキングの被害が起こっています。