ビットコイン

ビットコインの生い立ち

ビットコインの歴史

2008年に、サトシ・ナカモトという人物が、

『Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System』

(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)

という論文を、

暗号通貨の技術者のメーリングシステムに投稿したことが始まりです。

従来の管理者(日本でいうと日銀)が、通貨を発行するという仕組みではなく、

P2P(ピア・ツー・ピア)の仕組みを利用して分散処理して、

暗号化の技術と組み合わせることで、

ビットコインの信頼性を担保するというもの。

この考えに触発され、多くのプログラマーや研究者たち、

有志が集まってプログラミングを行うことによって、

2009年に、『ビットコイン』が初めて発行されました。

仮想通貨 おすすめ

マイニングによって得たビットコインを、あるエンジニアが、

『誰かビットコイン1万枚と、ピザを交換しない?』

と、暗号通貨のメーリングリストに投稿した、、

というジョークのような歴史があります。

これが、ビットコインでの初の商取引と言われています。

(現在は、1BTC=約1000000円なので、約100億円ということになりますね)

※2018年3月11日現在のレート

これからの、法定通貨と仮想通貨の力関係にも、

注目したいですね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする