レボレットで資産形成もできる②(TradeBook:トレードブック)

TradeBook(トレードブック)ですが、どのようなサービスかというと、 世界中のトレーダーさんの中から、トレーダーさんを自由に選択して、そのトレーダーさんの売り買いをコピーする。ミラートレードのようなサービスになっています。

レボレットで資産形成もできる(LTD:リミテッド)

LTD(リミテッド)とは、、独自の分析と情報網を基に、 上場済みのスポット案件&上場間近の短期ICO案件を1つにパッケージしたもの になります。取り扱う通貨は、基本的に既に取引所に上場済みの、時価総額トップ20銘柄をターゲットにしています。

Revollet(レボレット)という便利なEウォレット

Revolletというウォレットをご存知でしょうか?? 読み方は、Revollet(レボレット)と読みます。 私は、このウォレットを昨年末から利用していますが、とても便利です。 何が便利かと言いますと、、 『仮想通貨』と『法定通貨』を一括で管理できるんです。

淡々と、確実に、リップル・仮想通貨救済を行うチーム

CCR(クリプトカレンシーレスキュー)は、昨年、リップルリカバーという、 リップル救済サービスを行なっていました。 そのリップル救済サービスに付け加え、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、 ADA(エイダコイン)、などの救済を行なっている、仮想通貨総合サポートサービスになります。

コールドウォレットのメリット

コールドウォレットのメリット 先日、仮想通貨取引所コインチェックの不正アクセス問題で、『ハードウォレット』 に注目が集まっているであろうと思われます。※ハードウォレットインターネット上から、完全に切り離されたウォレット。 一般的に、秘密鍵をオフラインで管理するタイプのウォレットのことを、コールドウォレットという。

取引所自体のハッキングリスクに、対策を立てましょう

コインチェック社のNEMの管理状況として、 ①『コールドウォレット』ではなく、 『ホットウォレット』で管理していた。 ②NEM財団が推奨する、『マルチシグ』の実装は行われていない。 ※ホットウォレット 常時ネットワークに接続された環境にあるウォレット。 運用や業務効率が上がる反面、 サーバー上に秘密鍵を管理しているため、 ハックの被害に遭いやすいデメリットもあります。