リップル

リップル

リップルの開発は、2004年にカナダのWeb開発者によって、

開始された。

リップルは、ビットコインと同様に、

分散型台帳技術を利用しますが、

二重支払いの検知を、独自に開発された

コンセンサス・システムによって行います。

これにより、ビットコインの致命的な弱点である、

スケーラリビティや消費電力などの問題を克服し、

ビットコインでは、平均10分程度かかる決済を、

リップルではわずか数秒で行うことができる点に特徴があります。

最近では、Googleが出資したり、

日本のメガバンク、東京三菱UFJ銀行がリップルのネットワーク利用の表明、

などが有名な話ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする